読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Small Fishの日記

犬と映画とイラストと。

不可思議の森を抜け

映画

イントゥ・ザ・ウッズ

 

「イントゥ・ザ・ウッズ」を見た。

城の舞踏会へ行きたいと願っている娘、牛を売ることを命じられた少年、

祖母のところへお使いにいく少女、子宝を願っているパン屋の夫婦。

彼らはそれぞれの目的のため森へ向かう。

パン屋夫婦は魔女にかけられた呪いを解くため、「白い牝牛、赤い頭巾、

黄色い髪、金色の舞踏会の靴」を三日のうちに揃えなければならなかった…。

 

f:id:maronmame:20170224012503j:plain

 

シンデレラ、ジャックと豆の木赤ずきんラプンツェルなど、お伽噺でお馴染みの

面々が登場するが、そのストーリーは意外な展開を見せる。

彼らは皆森へ向かうが、そこは非日常の世界である。狼が待ち構え、魔法に満ち、

常識は覆り、人は変わり、白は黒に見え黒は白に見え…。

そこで生き抜くための教訓も語られる。我々は独りではないこと、選択をしながら

生きていくこと、善いことと義しいことの違い、物語の重要性。

人生という森で大人になっていく者もいれば死ぬ者もいる。

 

f:id:maronmame:20170224014159j:plain

 

この映画は大人向けのミュージカルで、賛否はかなり別れるようだ。

私は楽しく鑑賞させてもらった。愉快な作品だと思った。

映像も美しいし、出演者は皆歌が巧い。終わりそうでなかなか終わらないという

難点はあるが、型破りな赤ずきんやろくでなしの王子、逃げてばかりのシンデレラ、

手癖のわるいジャックには笑わせてもらった。

監督は「シカゴ」のロブ・マーシャル、出演者はアナ・ケンドリック

クリス・パインメリル・ストリープエミリー・ブラントジョニー・デップ

と豪華。ただのディズニー映画では終わらなかった作品、と感じた。

 

 

まろん動画

 

youtu.be

お口直しにどうぞ。

 

 

Small Fish